MENU

「夜の営みに困っているならバイアグラ」へようこそ!

様々なバイアグラに関するお役立ち情報を当サイト「夜の営みに困っているならバイアグラ」でお届けしています。
皆様の様々な悩みの解決に繋がる情報がいっぱいです。

 

バイアグラは血管を拡張させる働きがありますが、狭心症の薬も同じ働きがあるため、併用すると、血管が広がりすぎてしまい、低血圧の症状を起こしてしまう危険性があります。

 

しばらくすれば、たいていは症状が治まりますが、どんなことがあっても症状が治まらない場合、医療機関でバイアグラを服用したことを告げて、相談しましょう。

 

用法・用量を守れば危険性はないのですが、50mgを服用して副作用が激越ようなら、25mgに変えるなど、自分で飲む量を調整してみると何よりのでしょう。ただ、場合によっては鼻づまり、頭痛、蜍墓ず・息切れがひどくなることもあるので、こうした症状が深刻なら、5時間くらい間を空けて様子を見てみましょう。

 

1時間から数時間くらいで、こうした症状は自然に収まってくるものです。バイアグラを服用した場合、約9割の人に顔のほてりや目の充血、また鼓動が早急なる、などの症状が現れるようです。

 

副作用の現れ方は、個人によって、また服用した用量によっても異なってきます。また、バイアグラは、狭心症の薬とは一緒に服用してはいけないことになっています。

 

これは、血管が広がり、血流が良くなるためなので、自然なものと考えてよいでしょう。
通販で購入できるバイアグラとバイアグラジェネリック一覧


更新履歴